ひだまり Cooking

お菓子、料理、写真など、私の好きなもの。

蜘蛛の巣の絞り出しクッキー

youtu.be

 

今日のおやつは、蜘蛛の巣に絞り出したサクサククッキー。

ハロウィンケーキの飾りにおすすめです。

 

▽材料
薄力粉 80g
コーンスターチ 20g
ブラックココア 7g
バター 40g
牛乳 40ml
ラニュー糖 40g

 

1.バターを電子レンジで溶かし、グラニュー糖と牛乳を入れて混ぜる。

f:id:sweetbaer:20171018111706p:plain

 

2.薄力粉、コーンスターチ、ブラックココアをふるい入れ混ぜる。

バター液と混ぜ合わせる。

f:id:sweetbaer:20171018111723p:plain

 

3.蜘蛛の巣の形に絞り出していく。

170℃に予熱したオーブンで、8〜10分焼く。

f:id:sweetbaer:20171018111740p:plain

 

 

とってもかんたんな絞り出しクッキー。

お試しを!

f:id:sweetbaer:20171018111754j:plain

おばけメレンゲクッキーを乗せた生チョコタルト

youtu.be

 

今日のおやつは、さくふわっなメレンゲクッキーととろける生チョコタルト。

おばけも大集結させてみました。

 

▽材料
-タルトクッキー生地(4個分)
薄力粉 90g
アーモンドプードル 20g
ブラックココアパウダー 10g
バター 40g
ラニュー糖 40g
卵 1/2個(25g)

-チョコガナッシュ
チョコレート 200g
生クリーム 120ml
バター 30g
水飴 10g

-メレンゲクッキー
卵白 40g
ラニュー糖 80g
コーンスターチ 35g
メレンゲクッキーの砂糖の量は、卵白の2倍です。

 

1.タルト生地を作ります。

バターとグラニュー糖をよくすり混ぜて、溶き卵を加えて乳化させます。

f:id:sweetbaer:20171016153913p:plain

 

薄力粉をふるい入れ、アーモンドプードルも入れてさっくり混ぜ合わせます。

ラップなどで乾燥しないように包み、冷蔵庫で1時間ほど生地を休ませます。f:id:sweetbaer:20171016153935p:plain

 

 

2.休ませた生地を3〜4mmの厚さに伸ばし、セルクルで型抜きします。

f:id:sweetbaer:20171016154005p:plain

 

今回は高さを出したかったのでセルクル使用ですが、お好みの型に生地を敷いてください。

タルト石をのせて170℃に予熱したオーブンで20分焼き、

f:id:sweetbaer:20171016154028p:plain

 

一旦取り出してタルト石を取り除いたら内側に塗り卵をします。

再び170℃のオーブンで15分焼き、型から外して冷ましておきます。

 

3.メレンゲクッキーを作ります。

冷やしておいた卵白のコシを切るように低速で泡立てます。

卵白の2倍量のグラニュー糖を少なくとも3回以上(動画では5回)に分けて

少しづつ加え、中速で泡立てていきます。

f:id:sweetbaer:20171016154057p:plain

 

固めに立てたメレンゲコーンスターチを加え、混ぜ合わせます。

少量のメレンゲ生地を2つ作り、赤またはピンクのフードカラーと

ブラックココアで色付けします。

f:id:sweetbaer:20171016154121p:plain

 

おばけの形にメレンゲを絞り、

f:id:sweetbaer:20171016154136p:plain

 

ほっぺと顔を描いていきます。

f:id:sweetbaer:20171016154158p:plain

 

100℃に予熱したオーブンで1時間、その後扉を開けずに5時間以上オーブンの中で冷まします。

 

4.チョコレートガナッシュを作ります。

刻んだチョコレートを湯煎で溶かし、生クリームを入れ艶が出るまで混ぜます。

バターと水飴を入れ、再び艶が出るまで混ぜます。

f:id:sweetbaer:20171016154215p:plain

 

絞れるくらいの固さにガナッシュを冷やし、タルトに詰め、

f:id:sweetbaer:20171016154232p:plain

 

メレンゲクッキーにも挟んでいきます。

f:id:sweetbaer:20171016154247p:plain

 

完成!

 

サクサク、甘々なメレンゲクッキーに

濃厚な生チョコをこれでもか!と詰め込んだタルト。

 

お試しを!

f:id:sweetbaer:20171016154537j:plain

 

W抹茶ポン・デ・リング風ドーナツ

youtu.be

 

今日のおやつは、生地にもグレーズにも抹茶を使ったカロリーの塊ポン・デ・リング風ドーナツ。

 

▽材料
薄力粉 90g
もち粉 100g
抹茶 10g
ベーキングパウダー 小さじ1
ヨーグルト 100g
絹ごし豆腐 100g

▽抹茶グレーズ
粉砂糖 30g
抹茶 小さじ1
牛乳 小さじ1〜
牛乳の量はお好みで調整してください。

 

1.薄力粉、もち粉、抹茶、ベーキングパウダーを混ぜ合わせます。

f:id:sweetbaer:20171014160433p:plain

 

2.ヨーグルト、絹ごし豆腐を混ぜ合わせ、耳たぶくらいの硬さにこねます。

柔らかい場合はヨーグルトを足します。

f:id:sweetbaer:20171014160222p:plain

 

 

3.クッキングシートの上に丸めた生地を乗せてくっつけ、180℃の油で片面2分づつ、合計で4分揚げます。

f:id:sweetbaer:20171014160238p:plain

 

 

4.ドーナツの粗熱が取れたら、粉砂糖、抹茶を混ぜ合わせて、牛乳を硬さを見ながら練り合わせていきます。

f:id:sweetbaer:20171014160451p:plain

 

 

5.ドーナツにかけて、完成!

f:id:sweetbaer:20171014160306p:plain

 

生地をもちもちにさせたいので、お豆腐は水切りせずに混ぜ合わせています。

 

生地がもちもちで、一口サイズにちぎって食べやすいドーナツでした。

 

 

ヨーグルトのフタを開けると... びっくりするくらいパンパンに。笑

思わず賞味期限を確認しちゃいました。まだ切れてないぞ...

 

お試しを!

抹茶のマーブル蒸しパン

youtu.be

 

今日のおやつは、材料4つで作る抹茶のマーブル蒸しパン。

昔懐かしいような、素朴な味です。

 

▽材料
ホットケーキミックス 150g
豆乳(または牛乳) 90ml
卵1個
抹茶 2g

※動画内では牛乳と表記していますが豆乳の間違いです。申し訳ありません。
牛乳で作ることもできます。

 

1.卵と豆乳(または牛乳)を混ぜ合わせます。

f:id:sweetbaer:20171013175032p:plain

 

2.ホットケーキミックスを入れ混ぜます。

f:id:sweetbaer:20171013175044p:plain

 

3.生地を半分にして、片方に抹茶を入れてさっと混ぜ、

敷き紙を敷いた型に生地を交互に入れて、13分ほど蒸し器で蒸します。

f:id:sweetbaer:20171013175058p:plain

 

 

豆乳で作ると、原理は詳しく知らないんですが

もちっと仕上がるのでおすすめです。

パンなどにも、豆腐や豆乳を入れて作っているお店もあるそうですよ。

 

豆乳ってなんとなくヘルシーなイメージありませんか?

罪悪感がないというか。笑

これが流行りのギルトフリーってやつなんでしょうかね〜

 

子供の頃は豆乳ってなんとなく匂いが苦手でコーヒー味とかしか飲めなかったんですけど、

いつの間にか匂いも気にならなくなって飲めるようになりましたね。

 

シンプルな材料で作る抹茶蒸しパンのご紹介でした。

お試しを!

f:id:sweetbaer:20171013175201j:plain

豆腐の生チョコ 抹茶&きなこ味

youtu.be

 

今日のおやつは、絹ごし豆腐を使った生チョコ。

まさか、こんなに美味しくできるなんて、、とびっくりしたレシピ。

 

周りにまぶす抹茶ときなこは、香りの良いものを選んでくださいね。

 

▽材料
-生チョコ
絹ごし豆腐 80g
ホワイトチョコ 100g
バニラペースト 小さじ1/2

-トッピング
抹茶
きなこ など

 

1.絹ごし豆腐をキッチンペーパーに包み、1時間ほど水切りしておきます。

f:id:sweetbaer:20171012114131p:plain

 

2.水切りした絹ごし豆腐を裏ごしします。

f:id:sweetbaer:20171012114127p:plain

(わたしは持っていませんが、フードプロセッサーで滑らかにしてもできます)

 

 

3.ホワイトチョコを湯煎で溶かし、絹ごし豆腐、バニラペーストと合わせます。

敷き紙を敷いた型に流し入れて、冷蔵庫で固まるまで冷やします。

f:id:sweetbaer:20171012114255p:plain

 

4.好みの大きさに切り分けて、ふるった抹茶、きなこなどをまぶして出来上がり。

f:id:sweetbaer:20171012114137p:plain

 

 

豆腐と言われなければ気づかないほど、豆腐独特の香りはありません。

甘いのが苦手な人におすすめです。

 

絹ごし豆腐と水切りする理由は、抹茶などをまぶすとどうしても水分が出て

固まってしまうので。。

ちょっと手間ではありますが、普通の生チョコよりはカロリーが低いし、

意外と食べやすいので挑戦してみてくださいね。

 

ちなみにわたしは夏場に作ったのでなかなか固まらず、

最終的に冷凍庫で冷やしました。。笑

夏のチョコは難しいですね。

抹茶の生チョコタルトの作り方

youtu.be

 

今日のおやつは、タルト生地から作った抹茶味のタルトです。

 

 

▽タルト生地
薄力粉 70g
アーモンドプードル 20g
バター 50g
粉砂糖 20g
卵黄 1個
抹茶 5g

 

ガナッシュ1個(6個分)
牛乳 25ml(150ml)
抹茶 2g(12g)
ホワイトチョコ 50g(300g)

 

▽抹茶タルト生地

 

1.バターと粉砂糖を混ぜ合わせ、卵黄を入れ混ぜる。

f:id:sweetbaer:20171007154220p:plain

 

2.薄力粉、アーモンドプードル、抹茶をふるい入れ、さっくり混ぜ合わせる。

f:id:sweetbaer:20171007154217p:plain

 

3.生地がまとまったらラップなどに包み、冷蔵庫で1時間ほど寝かせる。

 

4.寝かせたタルト生地を6等分にしてマフィンカップに敷き詰める。

f:id:sweetbaer:20171007154225p:plain

 

5.タルト石を敷き、180℃に予熱したオーブンで20〜23分焼く。

f:id:sweetbaer:20171007154233p:plain

 

6.やけどに注意しながら熱いうちに型から外し、生地を冷ます。

f:id:sweetbaer:20171007154238p:plain

 

抹茶ガナッシュ

 

1.抹茶パウダーに牛乳を小さじ1ほど加え、ペースト状にする。

f:id:sweetbaer:20171007154356p:plain

 

2.牛乳を温め、ペーストにした抹茶を入れる。

牛乳が沸騰したら火を止めてホワイトチョコを溶かす。

f:id:sweetbaer:20171007154412p:plain

 

3.絞り袋に入れて冷ましておく。

 

4.冷ましたタルト生地、ガナッシュを合わせ、好みでホイップした生クリームや抹茶をかけて出来上がり。

f:id:sweetbaer:20171007154440p:plain

 

これはマフィンカップに入れて正解でした。

抹茶ガナッシュがかなり甘いので、食べきるのが大変。。

カロリーを抑えようと牛乳でガナッシュを作ったのに、

ホイップした生クリームと一緒に食べた方が美味しかったという。笑

 

疲れたときに食べるのは最高だと思います。

 

抹茶が好きで、抹茶のお菓子を作っているのですが

唯一の悩みは抹茶がダマになりやすいこと。

最初はガナッシュに抹茶を直接ふりかけてみたりしたのですが

牛乳で溶かしてから入れるのが一番きれいにできました。

f:id:sweetbaer:20171007155245j:plain

 

タルト生地はサクサクで香ばしくできました。

ただ、このタルト生地は最初伸ばして入れようとしたのですが、

気温が高くてマットに張り付いてしまったのです笑

 

なので急遽、あんな風に押し込んで無理やり形に。

動画になってないところでは、色々やらかしています←

 

終わりよければなんとか、ということで。

 

基本のマドレーヌの作り方 抹茶アレンジ

youtu.be

 

今日のおやつは、シェル型のかわいいマドレーヌです。

粉をふるう必要も、バターをすり混ぜることもなく簡単に作れます。

 

▽材料
★薄力粉 100g
★グラニュー糖 100g
★ベーキングパウダー 1g
★塩 ひとつまみ
バニラペースト 小さじ1/2
卵 100g
バター 100g

▽トッピング
ホワイトチョコ
抹茶パウダー

 

1.材料を常温に戻し、バターはレンジなどで溶かしておきます。

2.★の材料をボウルに入れ、泡立て器でよく混ぜます。

3.ときほぐした卵を入れて混ぜます。

4.溶かしたバター、バニラペーストを入れ混ぜたら、冷蔵庫で30分ほど寝かせます。

5.型に分量外のバターまたは塗り、休ませた生地を入れていく。

(膨らむので8分目くらい入れます。)

6.生地が室温に戻ったら、170℃に予熱したオーブンで16〜18分焼成します。

 

この配合はバターも砂糖もたっぷりなのでそのままでも美味しいですが、

好みでチョコレートをつけたり、生地にナッツを入れても

食感が変わって楽しめます。

 

最初にボウルで粉と砂糖を混ぜることで、わざわざふるう手間を省いています。

ただどうしても混ぜていくとグルテンができて食感がねちっとしてしまいがちなので、

冷蔵庫に入れて寝かせることで食感がサクッとなるようにしています。

 

生地に抹茶やココアを入れる場合は、バニラペーストやバニラオイルなどは入れなくてもいいと思います。

 

私は抹茶味が好きなので、ホワイトチョコレートを抹茶味にしてトッピングしてみました。